本文へスキップ
設立趣旨・挨拶

千葉大学は、光学活性な分子を供給する化学ならびにそれらの機能を解明する化学において世界的に活躍する研究者が多く、理学研究科・薬学研究院・工学研究科において独自に研究を展開して参りました。一方、タンパク、DNA、糖鎖のような生体高分子は、共通して光学活性(キラル)であり、またナノテクノロジーを基盤とするソフトマテリアルの開発分野でも分子のもつキラルな高次構造を構築し制御することは、重要な課題となっています。次世代の千葉大学を担う研究基盤として当該領域を特徴づけるには、個別の研究展開にとどまることなく、多くの研究領域・分野を横断し、新学術領域の創出を目指すような取り組みが必要であります。

このような背景のもと、千葉大学キラリティーネットワーク研究会では、有機合成化学、生命科学、マテリアル科学における分子の構造と機能をキラリティーの観点から一貫的に理解し、それらの知見の有効活用を目指すとともに、千葉大学の新たな取り組みを国内外に示すことを目指しております。

本研究会の取り組みに対しまして、ご理解、ご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

 

研究会運営委員

 理学研究科 荒 井 孝 義
工学研究科 坂 本 
昌 巳
薬学研究院 西 田 篤 司
理学研究科 柳 澤  章
薬学研究院 荒 井  秀
薬学研究院 荒 井  緑
工学研究科 三 野  孝
理学研究科 吉 田 和 弘
理学研究科 森 山 克 彦