○○事務所 本文へジャンプ


千葉化合物ライブラリーの活動報告

 

千葉化合物ライブラリーはオリジナルのキラル化合物を集積し、千葉大学における治療学創製研究の推進に重要な役割を担っています。平成26年度 治療学創製研究助成では、4件が化合物ライブラリーの活用により採択されました。

千葉大学に芽生えた共同研究を育み、次世代の千葉大学の機能強化を創出するために、「治療学とキラリティーを橋渡しする多角的な取り組み」は不可欠であると考えております。そこで平成27年度は、『治療学とキラリティーのネットワーク形成』に学長裁量経費(U.部局提案型)の支援を受け、新規・継続を含めて以下のプログラムを推進しています。

 

【平成27年度新規課題】

医学研究院 本橋 新一郎 教授

 研究タイトル:抗腫瘍免疫増強に関連する分子の賦活剤探索

理学研究科 村田 武士 教授

 研究タイトル:創薬標的膜受容体の新規阻害剤のスクリーニング

【平成27年度継続課題】

薬学研究院 石橋 正巳 教授、荒井 緑 准教授

 研究タイトル:神経再生医薬を目指したNotchシグナル阻害剤の探索と創製研究

医学研究院 白澤 浩 教授、菅波 晃子 助教

 研究タイトル:RSウイルス対する新規治療薬の創生

真菌医学研究センター 知花 博治 准教授

 研究タイトル:感染酵母組換え体コレクションとキラリティーコレクションを用いた抗真菌薬開発

 

【その他にも化合物ライブラリーの活用が進んでいます】

融合科学研究科 松浦 彰 教授

 研究タイトル:細胞サイズ制御経路を標的とする化合物の探索

薬学研究院 降幡 知巳 助教

 研究タイトル:アストロサイトトランスポーター賦活剤の探索

理学研究科 村田 武士 教授

 研究タイトル:VATPaseの生物活性評価
薬学研究院 西田 篤司 教授

名古屋大学大学院医学研究科 鈴木 元 講師

 研究タイトル:セラミド合成酵素阻害剤の探索

 


 WCCU に戻る