○○事務所 本文へジャンプ


『千葉大学化合物ライブラリー構築の趣意』

 

化合物の構造は多彩であり機能と密接に関連します。これらの関連を精査するためには、設計に基づく科学に加え、数多くの化合物が実際に必要となります。この重要性から、国内外には化合物ライブラリーが作られ、例えば新規な生物活性化合物の探索においてその威力を示してきました。

一方、千葉大学には化合物の合成や新規な反応開発で多くの化合物を作り出す研究が盛んに展開されています。しかし、これまで千葉大学の生み出した化合物の活用は、個別の研究展開に委ねられてきたのではないでしょうか。個別の共同研究として活用される以外は、各々の研究室に保管されるか、他の化合物ライブラリーに拠出されてきたのではないかと思われます。そこで、これらの千葉大学オリジナルの魅力ある化合物を十分に活用できる独自の取り組み「千葉大学化合物ライブラリー」が必要と考えております。

 化合物ライブラリーの創成には多大な労力がかかり、また維持・管理するのも大変です。大変な作業ではありますが、上記の重要性に鑑み、千葉大学の生み出す化合物を最大限有効に活用する方法を模索していきたいと考えております。

 

千葉大学化合物ライブラリー構築プロジェクト

 

ワーキングメンバー

理学研究科 荒井 孝義

工学研究科 坂本 昌巳

薬学研究院 西田 篤司

理学研究科 柳澤 章

薬学研究院 荒井 秀

薬学研究院 荒井 緑

工学研究科 三野 孝

理学研究科 吉田 和弘

理学研究科 森山 克彦


 WCCU に戻る